カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『個性的な邦題特集(グラム・ロック編)』最終夜

The Man Who Sold the WorldThe Man Who Sold the Worid -2

『個性的な邦題特集(グラム・ロック編)』もいよいよ最終夜となりました。
第五夜の今日は、デヴィッド・ボウイ「世界を売った男」 です。
この曲は1971年に発表された、3rdアルバム『The Man Who Sold the World』
タイトル・ソングです。

このアルバムは当時、日本ではボウイが足を蹴り上げたモノクロ・ジャケットが
採用(写真右上)されており、私にはそのジャケットの方が馴染み深いのですが、
いつのまにかボウイが女装をしてソファに横たわる、英国盤のジャケット写真
(写真左上)に替わっておりました。始め、このジャケットを見た時「レア・トラック
を集めた編集盤?」
と思ったものです(笑)。
因みに、米国盤は「アニメのジャケット」になっており、ジャケットの多様さで、
マニアには人気の高い作品です。

当時、ボウイの状況は最悪で、バンドのメンバー・チェンジやマネージャーの
交代、家族間の問題、異父兄のテリーが精神病院へ入院する等、すっかり疲弊
していた時で、その為かこのアルバムは前作に比べてヘヴィな印象を受けます。

ただ、このアルバムのベース兼プロデュースを手掛けたトニー・ヴィスコンティ
ギターのミック・ロンソンのプレイに、当時人気を集め始めていた「グラム・ロック」
の影響が色濃く出ており、意欲的な部分も伺えます。

トニー・ヴィスコンティは、ティラノザウルス・レックス(T.REX)のプロデュースも
同時に務めていた事で、マーク・ボランがボウイのレコーディングに参加する
など、当時のデヴィッド・ボウイとマーク・ボランは、刺激し合いながら、互いの
音楽性に影響を与える「ライバル関係」を築いていたようです。

当時はシングル中心のT.REXに、完全に差をつけられていた感がありますが、
ボウイはこの後、“グラム・ロックの代表作”と言われる『ジギー・スターダスト』
発表し、高い音楽性がその後のボウイの評価を、決定づける事になりました。

この『世界を売った男』は『ジギー・スターダスト』の原石が、たくさん散りばめ
られたアルバムと言えるでしょう。



関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。