カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀最高のおもちゃ ~マーク・ボランとグラム・ロック

MOTTLou ReedROXY
T.REXDevid Bowie

【今日の5曲】  ~テーマ『グラム・ロック』~
1.土曜日の誘惑/モット・ザ・フープル・・・The Hoople(ロックンロール黄金時代)
2.ワイルド・サイドを歩け/ルー・リード・・・トランスフォーマー
3.マザー・オブ・パール/ロキシー・ミュージック・・・ストランディッド
4.ボールルームス・オブ・マーズ/T.レックス・・・ザ・スライダー
5.プリティエスト・スター/デヴィッド・ボウイ・・・アラジンセイン


私が初めて買ったロックのアルバムは、T.レックス「ザ・スライダー」でした。
(初めて買った洋楽のアルバムは、カーペンターズ「A Song For You」
だったけど・・・(汗))

「テレグラム・サム」をラジオで聴いて、そのポップなブギのリズムとマーク・ボランの妖艶な「声」にすっかり魅せられてしまった事を思い出します。
とにかくマーク・ボランは小学生時代の僕にとって、「アイドル」というべき存在でした。購読していた音楽誌「ミュージックライフ」にマーク・ボランが珍しく「フライングV」のギターを持って、写真に納まっていたのですが、そのカッコいい事といったらありゃしない。
パーマがかかった長髪に化粧を施した顔、ラメ入りのジャケットを纏い、足には男なのにブーツを履いたその姿に、将来「マーク・ボランのような格好をする!」と誓ったものでした。

しかし、急激に過熱した反動というか「熱しやすく冷めやすい」というか、あれだけ煌びやかだったグラム・ロック・ブームも私が中学生になる頃には、メディアの扱いもすっかり小さいものとなり、クラスのロック好きの中でも「T.レックスは単純明快な幼稚なロック」という評価が定着してしまいました。(上手に方向転換をして行ったデヴィッド・ボウイとは、明暗が分かれてしまう事になります)
そして、「プログレッシヴ・ロックが理解出来ないようでは、ロック好きとは言えない」という目に見えない圧力(笑)が、私を取り巻くロック好き仲間の中に充満し、自己判断能力に欠け、付和雷同の典型だった12歳の少年(私)は、ピンク・フロイドの「狂気」、クリムゾンの「宮殿」、イエスの「危機」、EL&Pの「タルカス」、更にはジェネシス、キャメル、キャラヴァン、ジェントル・ジャイアント、ヴァンダー・グラーフ・ジェネレーター・・・・などを必死に聴くようになり、次第にT.レックスを聴かなくなりました。

T.レックスというかマーク・ボランが再評価されたのは、皮肉にも彼の死後(1977年29歳の時、妻グロリアが運転するミニ・クーパーで交通事故死)79年~80年に起きた「ネオ・グラム」と言われるムーヴメントの時。アダム・アントやデュラン・デュランが登場し、脚光を浴びる中、マーク・ボランの功績が讃えられたのでした。
私は、グラム・ロック・ブームの末期にT.レックスをコケにしたメディアが、掌を返すように彼等を持上げた事に不信感を抱くと同時に、大勢に流されマーク・ボランを正当に評価できなかった自分を恥じました。
マーク・ボランには「自分が好きになった音楽を、気楽に聴けばいいのさ」という事を、教えられた気がします。

72年~73年という僅か2年足らずの時間を「グラム・ロック・スター」として、まるで「自分の死期」が迫っている事を知っていたかのように、全力で駆け抜けて行ったマーク・ボラン。
彼の音楽は「20世紀少年」だった僕に、たくさんの「夢」と「ロックの楽しさ」を教えてくれた「最高のおもちゃ」だったのです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

おぉ、どうやらコメント第一号でしょうか?ブログ開設、おめでとうございます♪
洋楽を五曲ずつ…当時の思い入れも込めつつ、というところでしょうか。後追い世代としては興味津々です。

映画のおかげで、道行く小学生がT-Rexのギターリフを口ずさむ時代になりましたが(爆) リアルタイム、しかも12歳にして周りにはロック仲間の環境ですか。プログレの御大たちもこの時にはすでに結集していたんですね。いやはや、凄い時代です。

マーク・ボランがいわゆる「正統派」なロックファンにねたまれたのも、流行を生み出した者が必ず抱える使命なんですかねぇ…。晩年は再びスポットライトが当たることなく事故死したというのは本人にとっても無念だったでしょう。 しかし最高のおもちゃ…いい言葉ですね。記憶がないのに懐かしい気がしてしまいます(爆)

こちらのブログの方でリンク貼らせていただきました(大丈夫ですよね?)!もしよろしければ相互リンクをお願いいたします。
それでは、これからもよろしくお願いいたします♪

Re: タイトルなし

いたちさん

> おぉ、どうやらコメント第一号でしょうか?ブログ開設、おめでとうございます♪

記念すべき第一号のご訪問、有難うございます。v-315
これからも、覗きに来て下さいね。

> 洋楽を五曲ずつ…当時の思い入れも込めつつ、というところでしょうか。後追い世代としては興味津々です。

自分のイメージとしては、ラジオ番組のようにその日の気分に合った洋楽をBGMとしてかけながら、「あーだこーだ」とすすめていきたいなぁと思っております。
ですから、出来るだけ「この5曲をこの順番に編集して」音源を聴きながら書いていくつもりです。

> こちらのブログの方でリンク貼らせていただきました(大丈夫ですよね?)!もしよろしければ相互リンクをお願いいたします。

有難うございますv-421
こちらの方でも貼らせて頂きたいと思いますので、ヨロシクお願い致します。

OASI-Zさん、リンクありがとうございます~!

でもリンク、TOPページになってませんでしたので
コチラのリンクに変更のほど宜しくお願いします^^

http://yaplog.jp/chikaty/

ところで!
グラムロック特集、キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!

先日こちらのブログに来たときに、記事カテゴリに「グラムロック」とあるので
をを!?もしかしたらコレを特集してくれちゃうわけ!?と楽しみにしてました♪

マークボラン、私も大好き!(デヴィッドボウイもだけど・・・(^^ゞ)
リアルタイムで聴いてたなんて羨ましいです!
でもリアルタイムでメディアが酷評するのを見てしまうというのは
ちょっと複雑ですよねぇ。

私の(これまた)大好きな、ドアーズのジムモリソンも
生前はいろいろとスキャンダラスな話題とかでメディアからは酷評ばかりでしたが
彼が突然死して、その後の若手ミュージシャンたちに支持されるようになってから
メディアも評価を改めるというのがあったそうです。。。

やっぱメディアというのは今も昔も当てになりませんね(^^ゞ爆

Re: こちらこそ、リンク有難うございます

> もりたんさん!

> でもリンク、TOPページになってませんでしたので
> コチラのリンクに変更のほど宜しくお願いします^^

私、初歩的なミセスをおかしてしまったようですv-395
本当に申し訳有りません。修正しておきましたので今度は大丈夫だと思います(大汗)。

> マークボラン、私も大好き!(デヴィッドボウイもだけど・・・(^^ゞ)
> リアルタイムで聴いてたなんて羨ましいです!

グラム・ロック時代のT.レックスは、アルバムというよりもシングル盤を聴くのが、正しい聴き方だったと思います。
「チルドレン・オブ・ザ・レヴォリューション」のB面には「ジルバの恋」と「サンクンラグス」の2曲が入っていてお得だったし(ジルバの恋はどうして?シングル・カットしなかったか不思議な位の名曲)、「20thセンチュリー・ボーイ」はレコード盤が赤かった・・・。というのは、映画「20世紀少年」を観て思い出しました(汗)。
とにかくシングルが出る度にレコード屋に行って購入し、何度も何度も聴いた覚えが有ります。

マーク・ボランの美しさは、当時の日本の御三家と言われた「郷○ろみ」「西△秀樹」「野□五郎」には無い、ゾクゾクするくらいの「男の色気」を放っていたところに有ったと思います。v-402
でも、日本公演で髪をショートカットにし、ちょっと「お太り」になった写真を見て、ガッカリした思い出もありますが・・・(笑)。

初めまして、もりたんさんのところから飛んできました。

すごくいい記事ですね。
みんなこうやって、自分にとっての音楽を手にしていくんですよね。
セオリーを手放してからがたまらないんですよ(笑

音楽マスコミのいい加減さも、もはやただのお笑い草になりつつありますね。
僕はManfred Mannを「Mod Jazz」とか言って持ち上げるようになった頃から音楽雑誌を買わなくなりました(笑

T.Rex・・・、僕はそんなに好きなほうではないですが、「Ride A White Swan」だけはいつ聴いても盛り上がります。
あんな短い曲に、あれだけのマジカルな魅力を盛り込むことは、実は一番難しいことなんじゃないかと思います。

No Title

Grahamさん、こちらこそはじめまして。

お名前は何度も拝見させていただいておりましたが、こうしてコメントを頂きまして本当に嬉しく思います。

私が子供の頃の音楽情報源は、ラジオと音楽雑誌しか有りませんでした。
今のようにお金をかけなくても、ネットでとりあえず30秒の試聴が出来る時代と違って、「(当時)2,000円のLPを購入する」というのは「人生を懸ける(笑)」くらいの一大イベントでした。
(レコード店のレジの所で試聴は出来たのですが、聴いた場合には必ずそのレコードを、購入しなければならない雰囲気が有って、小心者の中学生(僕)は、ドキドキしながら試聴していたのを思い出します)

そんな事ですから結局、雑誌の音楽評論家(今のライター)の意見を、参考にせざるを得なかったんですね。
音楽の嗜好が、自分が購読している雑誌の方向性と一緒になって行ったのは、言うまでも有りません(^^ゞ。

>あんな短い曲に、あれだけのマジカルな魅力を盛り込むことは、実は一番難しいことなんじゃないかと思います。

T.レックスには、どの曲も「必殺のフレーズ」があって「ゲット・イット・オン」「メタル・グルー」「20thセンチュリー・ボーイ」・・・。
み~んな曲名のリフレインが有って、それを聴くだけで納得出来るのです。

曲は短くても、「必殺のフレーズ」を魔法の呪文のように繰り返して歌う。回りくどさが無くて、実にシンプル。
それが、T.レックスの音楽の魅力だったと思います。

コメント、有難うございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。