カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負2010(春) 第3回【天皇賞(春)】

今週から6週連続で春のG1レースが行われます。

GW真っ只中の今週は、古馬長距離チャンピオンを決める伝統の一戦
「第141回天皇賞(春)」です。

以前読んだ寺山修司の本で、スシ屋の政(寺山行きつけの寿司屋にいる架空?の
人物)が「天皇は羨ましいよな、天皇賞の日に生まれたんだから」っていうフレーズ
が有りました。
昭和の時代、春の天皇賞は4月29日「天皇誕生日」に毎年、行われていたのです。

JRAのレースで土曜・日曜以外の開催は、正月の金杯と当時の天皇賞(春)だけで、
普段の土・日とは違った「祭日に開催される格調高きレース」といった趣がありました。

私が初めて馬券を買った春の天皇賞は、その昭和天皇が亡くなったばかりの
平成元年の4月29日に行われた天皇賞でした。

1番人気は岡部騎乗のスルーオダイナ、2番人気が菅原騎乗のランニングフリー、
3番人気が柴田政人騎乗のコクサイトリプルという人気順で、私は1枠1番に入った
“若き天才”武豊が騎乗する「イナリワン」という地方の大井競馬から転厩してきた
4番人気の馬を軸に馬券を購入しました。

武豊は当時3年目の20歳。前年の菊花賞をスーパークリークで制し「初G1勝利」を
飾り、その年2年目で関西リーディング・ジョッキーに輝きました。
そして、この年の桜花賞をシャダイカグラで勝利し、飛ぶ鳥を落とす勢いで勝利数
を重ね、躍進してきた新鋭ジョッキーでした。
しかし長距離レース、ましてやG1ともなれば、岡部や柴田政人といったベテランに
信頼が寄せられるのは仕方が無いところ。
更に、騎乗馬が地方から転厩してきた中央の実績が全く無い、イナリワンという馬
でしたので4番人気というのも頷けました。

しかし、イナリワンは2着馬に5馬身差をつけ、レコードタイムで圧勝
私は、新潟競馬場のターフビジョンを見ながら「タケー、タケー」と叫んでいた事を
思い出します。
武豊は、この年から前人未到の「春の天皇賞4連覇」成し遂げ、押しも押されぬ
トップ・ジョッキーになるのですが、その足掛かりになったレースと言えるでしょう。

因みに2着に18頭立ての16番人気、ミスターシクレノンが入り馬連なら「超万馬券!」
だったのですが、当時はまだ「馬連」の発売は無く「枠連」だけの時代で、同枠にいた
コクサイトリプルのおかげで(笑)枠連3,320円の配当を、500円的中する事が出来た
思い出深いレースです。

4月29日が「天皇誕生日」から「みどりの日」に変わり、平成2年を最後に春の天皇賞
は4月29日に行われなくなりました。
今、4月29日は「昭和の日」と名前も変わりましたが、今でも「春の天皇賞」と言えば
関西テレビの杉本アナの「名実況」と4月29日がセットになって、蘇ってきます。

と言う事で今年の春の天皇賞は5月2日に行われ、武豊も怪我の為に騎乗せず、
杉本アナの実況も聞けませんが、GWを楽しく過ごす為にも的中させたいところです。


【結論】
◎トーセンクラウン
◯ジャミール
▲テイエムアンコール
△フォゲッタブル
△ジャガーメイル
注トウカイトリック


◎トーセンクラウン
G1馬が1頭しか居ないこのレース、どの馬にもチャンスありと見て本命は穴狙いで
当選王冠トーセンクラウンとしました。
オペラハウスにサンデーサイレンス、ダンシングブレーブ。血統的に王冠を手にする
可能性は有ると思います。

◯ジャミール
安藤勝ジョッキーが今年は騎乗馬を絞って来ています。当然、G1レースの大舞台では
燃えてくるはず。父ステイゴールドの雪辱を晴らすか?

▲テイエムアンコール
この馬も父がオペラハウス。ただ前走、頑張りすぎた感もあって三番手評価に。

以下、ローテーションが主流じゃない人気馬2頭を△に。
注意は今週末、劇場公開映画「トリック」にあやかってトウカイトリック!

古馬長距離界の王者に輝くのはどの馬か?発走は15時40分です。
レース後の「反省文」をお楽しみに・・・。

【レース後の反省文】

【レース結果】
1.ジャガーメイル
2.マイネルキッツ
3.メイショウドンタク


まぁ、なんというか・・・、完敗ですわ。
私のトーセンクラウンは、不正がバレて最下位に「落選クラウン」ですわ。

4コーナー手前で、手応え抜群で内を突いてこようとしたのですが、
前にいたエアジパングに乗りかかるようにして躓き、落馬寸前ですわ。

パトロール・ビデオ観ても、エアジパングに非はないようで、故意に
進路妨害した訳ではなかったのだけど、馬がパニくって周りの馬に
迷惑をかけてしまった・・・って感じですわ。

江田くんも、あそこは進路が無かったし、無理し過ぎですわ。

終わってみれば、5月ゴールデンウィークの天皇賞で、ジャガーメイルに
ゴールデンメインの隣のマイネルキッツで、決まってしまいましたわ。
おまけに3着まで、メイショウドンタクですわ。

気持ちがメイってきましたので、テイエムアルコール飲んで、モウネルキッツですわ。
ジャ~ミ~・・・。

G1はやっぱ、外人ジョッキーだな。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。