カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツの中の用心棒(ゾウさんの悩み) 前編

Whomp_That_Sucker_-_Sparks[1]No_1_in_Heaven_-_Sparks[1]Angst_in_My_Pants_-_Sparks[1]In_Outer_Space_-_Sparks[1]Plagiarism_-_Sparks[1]

【今日の5曲】  ~テーマ『変態・屈折ポップのカリスマ、スパークス特集(前編)』~
1.チップス・フォー・ティーンズ/弱い者いじめ(Whomp That Sucker)
2.アカデミー・アワード・パフォーマンス/No.1 In Heaven
3.アングスト・イン・マイ・パンツ/パンツの中の用心棒(Angst in My Pants)
4.クール・プレイス/イン・アウター・スペース(In Outer Space)
5.ホエン・アイム・ウィズ・ユー/プレイジャリズム〜盗作の世界(Plagiarism)


Kimono_My_House_-_Sparks[1]

このアルバム・ジャケットは、スパークスの3枚目のアルバム
『キモノ・マイ・ハウス』のジャケットです。
(まぁ実質的には1stアルバムみたいなもんですが・・・)

このジャケットの右側の女性が、1980年に発売されたデヴィッド・ボウイ
アルバム『スケアリー・モンスターズ』の1曲目「It's No Game( Part 1)」で、
「シルエットや影が革命をみている。もう天国の自由の階段は無い~」
ナレーション(ラップ?)をしている“ミッチ広田”女史である、という事を
某サイトで知って、ボウイでは無く(笑)スパークスが急に聴きたくなって、
今回取り上げる事にいたしました。

スパークスはアメリカ出身で、ロンとラッセルのメイル兄弟が中心となって
結成されたバンドで、1968年に「ハーフネルソン」というバンド名でスタート
します。
これが、奇才トッド・ラングレンの目に止まり、彼のプロデュースで1971年に
デビュー・アルバムを発表します。

しかし、このアルバムは泣かず飛ばず、彼らがメジャーになるきっかけに
なったのは、イギリスに渡って「アイランド・レコード」と契約し1974年に
『キモノ・マイ・ハウス』を発表してから。
このアルバムに収録された「ディス・タウン」が全英2位のヒットとなり、
奇妙なルックスや上記のアルバム・ジャケットが話題となり、イギリス
のみならず、日本での知名度も上がってきたのです。

そして、このアイランド時代に『恋の自己顕示(Propaganda)』、
『スパーク・ショー(Indiscreet)』
と立て続けにリリース。スパークスの
変態的な佇まいと、屈折したポップ・ワールドが全開となりました。

なにせ、このアイランド時代の3枚のアルバムだけで「ベスト・アルバム」を
発表したくらい、珠玉の名曲がぎっしり詰まったアルバム揃いで、この時期は
スパークスの第一期黄金時代と言えるでしょう。

前置きが長くなりましたが「今日の5曲」はその、スパークスのアイランド
時代では無く(笑)、“イタリアン・ディスコ・マエストロ”と言われた
ジョルジョ・モロダーが、プロデュースを手掛けた1979年~1983年に
発表された「第二期黄金時代」といえる時期の
アルバムから、集めてみました。

Whomp_That_Sucker_-_Sparks[1]

先ず1曲目は81年発表の『弱い者いじめ(Whomp That Sucker)』からアナログ
A面1曲目の「チップス・フォー・ティーンズ」です。
この1曲目から、2曲目のキャッチーなメロディが印象的な、
「ファニー・フェイス」に続くジョルジョ・モロダー直系のディスコ・ビートの
流れは、最強です。
前2作が日本では何故か発売されず(涙)、3年半ぶりに日本発売された待望の
実に思い出深いアルバムでした。
アルバム・ジャケットは、兄のロンが弟のラッセルをボクシングの試合で
「ノックアウト」させて両手を挙げているという、実にスパークスらしい
アート・ワークになっています。


このバカらしさが、スパークスの魅力です


No_1_in_Heaven_-_Sparks[1]

2曲目は79年に発表された、通算8枚目のアルバム『No.1 In Heaven』から
「アカデミー・アワード・パフォーマンス」です。
当時、このアルバムは日本未発売だった為、輸入盤を購入して聴いておりました。
性急なビートにラッセルのハイトーン・ボイスが冴え渡るこの曲ですが、少し
レコードの回転数を早めて、より一層トリップ感を楽しんだものです(笑)。

「スパークスのアルバムの中で、どのアルバムが一番好き?」
聞かれたら、私は迷わずこの『No.1 In Heaven』を、あげるでしょう。
「ディスコ・ミュージックの仕掛人」と言われた、ジョルジョ・モロダーと
タッグを組んで作られたサウンドは、ポップな疾走感とディスコ・ビートが満載で、
アルバム丸ごと1枚が「ミラー・ボール」のような「キラキラ」した輝きに満ち
溢れております。

当時「テクノ」や「エレポップ」といったダンス・ミュージック全盛の時代でしたが
「少し本気を出せば、これくらいのアルバムは作る事が出来るんだよ」

言わんばかりに存在感を示し、一時の解散状態から「完全復活」を遂げた
アルバムとなりました。
巷に溢れた「エレ・ポップ」のアルバムの中でも「3本の指」入る名盤だと
思います。

3曲目以降は、後編に続きます・・・。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

キモノの二人ってずっと兄弟が女装してると思ってたんですが、全然違いましたね。いや、あのヒゲ兄貴ならやりかねないと思っていたので(笑)  トッドが絡んでたころのアルバムも持ってたんですが、いかんせん地味でまともに聴いた記憶がないです。やはりキモノとNW期に集約されてしまいます。新聞は、書き立てる~

いたちさん

>キモノの二人ってずっと兄弟が女装してると思ってたんですが

私もこのアルバムが出た当時は、スパークス自体よく知らなかったので、そう思っておりました。
それにしても、スパークスにデヴィッド・ボウイですか・・・。
ミッチ広田さんって、オノ・ヨーコと並んで偉大な女性ですね。

スパークスのデビューはずっと「キモノ」だと思っていましたので、トッドが手掛けた頃は知らないのですが(汗)、「屈折VS変態」の組み合わせは反発し合って、逆に良くなかったのでしょうかね~v-290

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。