カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とってもイカしたイモバンド・・・10cc特集(前編)

10cc 1stSHEET MUSICHow Dare YouHow Dare You 2The Original Soundtrack

【今日の5曲】  ~テーマ『変態・屈折ポップのカリスマ第二弾、10cc特集(前編)』
1.いけないジョニー/10cc(1st)
2.シリー・ラヴ/シート・ミュージック(SHEET MUSIC)

今回は『変態・屈折ポップのカリスマ』企画第二弾、屈折ポップの異能集団と
言われる「10cc」にスポットを当ててみたいと思います。

10ccと言えば、そのバンド名の由来が話題になるところ。
よく言われているのは、男性が一回に放つ精液の量が2.5CC。
4人いるので10CC
というヤツ。

実際、2.5CCかどうか自分でも計った事が無いので良く分かりませんが(笑)、
彼らの1stアルバムのコミカルな内容から戦略的な効果もあって、(この説が)
広く浸透したのではないかと言われております。

しかし実際のところは、彼らのデビュー時の所属レコード会社「UKレコード」の社長
ジョナサン・キングが、夢で見た「超ビッグで大成功を納めたバンド」の名前である
”10cc”から付けられたというのが有力のようです。

という事で、2人組で毒が薄くなった10cc(5cc?)ではなく、正真正銘の4人組
10cc時代の4枚のアルバムから、5曲を選んでみました。


10cc 1st

先ず1曲目は73年発表の1stアルバム『10cc』から「いけないジョニー」です。
CDでは「Rubber Bullets」(全英1位)が1曲目に来ているのですが、当時の
アナログ盤では「いけないジョニー~Johnny Don’t Do It」から始まります。
個人的には、あの「情けないファンファーレ」からスタートするのが、屈折ポップ
バンド「10cc」のデビュー・アルバムに相応しいと思うのですが・・・。

このアルバムは、ビートルズのパロディがあったり、妖艶な?女性ヴォーカルが、
メンバーのロル・クレームのファルセット・ヴォイスだったりと、コミカルな面が強調
され過ぎて「コミック・バンド」的な評価を下されてしまった部分もあったのですが、
演奏技術の高さとメロディ・メーカーのセンスが、彼らを単なる「コミック・バンド」
には終わらせなかったのです。

メンバー全員がヴォーカルを取れる事もあり、曲毎に趣が変わる展開はまるで
「万華鏡」のような楽しさを感じさせてくれるアルバムです。

SHEET MUSIC

2曲目は、74年発表の2ndアルバム「シート・ミュージック~SHEET MUSIC」
意味は「とじられていない紙上の楽譜」の事。
このアルバムから、アナログB面1曲目の「シリー・ラヴ」です。
このアルバムは私自身にとって、大変思い出深いアルバムである事を以前、
述べました。クリック

そして、アルバムの中で最もハードなナンバーである、この曲も思い出深い曲
なのです。
というのも、当時の少年漫画雑誌で大人気だった「がきデカ」の主人公の事を
歌った「恐怖のこまわり君」という曲を“葡萄畑”という 日本のロック・バンドが
歌っていたのですが、これがこの「Silly Love」の完全パクリで
「ちょっと、ヤバイんじゃないの?」と心配した記憶が有ります。

10ccの原曲では「し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・しりー」と歌う所を、
「恐怖のこまわり君」では「し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・しけー(死刑!)」
と歌うのです(笑)。



このアルバムは1stアルバムにあったパロディの要素が排除されており、
屈折ポップから王道ロックへの変化を、少しだけ遂げた作品と言えるでしょう。
でも、それは10ccのファンからみれば、嬉しくもあり寂しくもある
変化だったのです。

3曲目以降は、後編へ続きます。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

いやぁ、やっぱ10ccいいっすよね♪

でも、自分はこの最初の2作、っていうか特にファーストはコミカル過ぎる感じに最初は戸惑いましたけどね♪
まぁ、いまは大好きですけど…うふ♪

続き、楽しみにしちょりますよ♪

へどろんさん

10ccの4人のメンバーが、自分達のアイデアを存分に出し合って、楽しみながら作った作品が、この1st~2ndだと思います。
1stは私も、その軽さが物足りなくて余り聴いていなかったのですが、今聴くと結構練りこまれた良い曲が多い事に、驚かされますね~e-451

誰もこの時点では、3rd以降の飛躍的な変化を予測する事は、できなかったのですが、今思うと2ndアルバムの何曲かに、その片鱗がうかがえる曲があるんですよね。
この変化と驚きは、Queenの1st~4thにも言えるのですが・・・。

コメント、ありがとうございました。

10ccのThe Original Soundtrackは大好きなアルバムです。
Une Nuit A Paris~は大名曲だと思います。
最近、紙ジャケで1st&2ndを買いましたが、やっぱり中後期が良いな。

ryoさん

>Une Nuit A Paris~は大名曲だと思います

そーですね~。
10ccがまさか、こんなTOTALな組曲風の大作を作るとは、当時は夢にも思いませんでした。
そして、この曲がQueenの『オペラ座の夜』に、大きな影響を与えたんですよね。

10ccがこの先「ビートルズ」級のビッグ・バンドに上り詰めるのじゃないかと、期待させたアルバムが『The Original Soundtrack』だったと思います。
まさか、この後すぐに分裂してしまうとは・・・v-406

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。