カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負2010(春) 第4回【NHKマイルC】

今週は、3歳馬による府中マイル(1,600m)の王者決定戦「NHKマイルC」です。

以前はダービーに出走権が無かった外国馬が圧倒的に強かったレースですが、
最近はこのレースを勝ってダービーも勝つという「変則二冠馬」も登場するなど
荒れ馬場の中山(皐月賞)を回避して、このレースに照準を絞ってくる馬も増えて
きました。

【結論】
◎ダノンシャンティ
◯サンライズプリンス
▲リルダヴァル
△ガルボ
注キングレオポルド


◎ダノンシャンティ
「荒れるG1レース」として有名なこのレース。しかし人気は完全に2強対決の様相を
呈しております。
穴狙いが身上の私ですが、今回は荒れないとみて人気馬を信頼したいと思います。
本命に推したダノンシャンティは毎日杯→NHKマイルCという王道のローテーション
が好感を持てます。また、二走前の共同通信杯では鼻差の二着と東京コース実績も
有り、二強対決を制するのは、この馬と見ました。

◯サンライズプリンス
対抗はサンライズプリンスです。トライアルのNZTの勝ち馬は、何故か勝てない!?
というデータから評価を落としました。これは中山の1,600mと東京の1,600mでは
求められる能力が違うという事でしょう。更に土曜日のプリンシパルSで、横山典J
が1番人気のルーラーシップで勝った事もあり、二日連続は無いとみました。

▲リルダヴァル
二強の一角崩しがあるとすれば、この馬でしょう。

△ガルボ
今日は「母の日」で、この馬の母の母が「ハハゴゼン」で、はははは・・・。

注意は東京1,600mに強い、ヌレイエフの血を持つキングレオポルド。実際、
昨年11月に東京1,600mのレースをレコードタイムで快走しています。
この馬が3着に飛び込んでくれると、それなりの配当になるんだけどな~。

今週の出走馬の中に、未来の「キングカメハメハ」「ディープスカイ」は、
居るのでしょうか?発走は15時40分です。
レース後の「反省文」をお楽しみに・・・。

【レース後の反省文】

【レース結果】
1.ダノンシャンティ
2.ダイワバーバリアン
3.リルダヴァル


いやぁ、ダノンシャンティ強かったですね~。
正に「鬼脚」と言うべきか、他の馬が止まって見えましたね。
道中かなりのハイペースでしたので、「先行馬総崩れになるだろうな」とは
思いましたが、4コーナーを最後方から大外回して「届くのかな?」と不安な
気持ちで見ていました。
でも流石はアンカツ!なんかブエナビスタを見ているようでしたね。

でもね、2着のダイワバーバリアン、買ってないんですよ。
最後は「ユーイチ!」って叫んだんですけど・・・。

サンライズプリンスは、ちょっと前に行き過ぎましたね。
スタートが良すぎて、ハイペースに飲み込まれた感じでした。
でも、あのハイペースがあったからこそ、脅威のレコード・タイムが
生まれたんですけどね。

気が付いたら、この企画も4連敗。
なんか、昨年暮れの「七番勝負!」を思い出しますね
大相撲も始まった事だし。早く初日を出さねば・・・。

でも、あんなに凄いタイムで走っちゃって、ダノンシャンティの脚元
大丈夫かな~。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。