カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1七番勝負! ~第1回目「エリザベス女王杯」

今週から、年末の「有馬記念(12月27日)」まで七週連続でG1レースが行われます。
競馬ファンにとっては「興奮と感動に胸躍る季節」がやって参ります。
「OASI-Zがどれだけ的中しないのか(笑)」「15年以上“競馬必勝法”の研究をやって来てこの程度なのか(汗)」、という事を皆さんと一緒に検証する為にこれからの7週間、毎週予想を上げていこうと思います。

先ず第一回目の今週は「第34回エリザベス女王杯」、牝馬限定戦です。
毎年このレースは「ピチピチ3歳馬」VS「古馬熟女」の図式が予想の上で、重要なファクターとなっております。今年は3歳馬に勢いが有ると見て、これを上位に考えました。
また、過去10年の歴史をみても「G1馬同士の組み合わせ」は2007年の1度しか無く(前年2着繰上りのフサイチパンドラ)、そういう組み合わせを除きました。

【結論】
◎ジェルミナル
◯ブエナビスタ
▲シャラナヤ
△リトルアマポーラ

まぁ、勝つのはブエナビスタかな~という気はしているのですが(汗)、ブエナ-シャラナヤ、ブエナ-アマポーラの組み合わせは、G1馬同士の組合わせになるので、避けました。
本命のジェルミナルは、桜花賞、オークスともに3着。ブエナビスタ、レッドディザイアには完敗でしたが、レッドディザイアの居ないこのレースでは、十分2着の可能性ありと見ています。
鞍乗の福永騎手も「牝馬のユーイチ」と言われており、人気薄の今回は狙い目だと思います。

さぁ、結果は如何に?レース後の「反省文(笑)」をお楽しみに(´Д`)。

【レース後の反省文】

結果は馬連102,030円、三連単1,545,760円の超万馬券。大波乱となりました。
単勝1.6倍に支持された一番人気のブエナビスタは、最後猛追したものの、届かず3着。
断然人気の馬が、追込馬で後方待機の戦法をとる場合に、他の有力馬も牽制し合って仕掛けが遅れ、逃げ馬がまんまと勝ってしまう典型のレースでした(ToT)。

私の本命ジェルミナルは、見せ場も無くまた直線で名前を呼ばれる事も無く、二桁着順で惨敗。
「炎のG1七番勝負!」は、早くも暗雲(苦笑)が立ち込めてまいりました・・・。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。