カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負2010(春)第5回 【ヴィクトリアマイル】

今週は、4歳以上の牝馬による府中マイル(1,600m)の王者決定戦
「ヴィクトリアマイル」です。

以前は古馬の牝馬限定のG1レースというと、秋の「エリザベス女王杯」しか
無かったのですが、4年前にこのレースが新設されて、牝馬が古馬になっても
G1タイトルを獲得するチャンスが増えました。
もっとも、最近は牡馬がだらしなく(汗)、牝馬がダービーを勝ったり、年度代表馬
になる時代になってしまったのですが・・・。

そんな、今年のこのレースにも牡馬と走っても間違いなく「勝ち負け」必至の二頭
「ブエナビスタ」「レッドディザイア」が出場します。

馬券的な妙味は薄れますが、この二頭の凄いレースを見てみたいと思います。

【結論】
◎ブエナビスタ
◯レッドディザイア
▲ラドラーダ
△ウェディングフジコ
△プロヴィナージュ


先週の「NHKマイルC」以上に2強対決に注目が集まっています。
では、本当にこの2頭には死角は無いのか?
有るとすれば、二頭とも前走「ドバイ」へ海外遠征をしているので、
体調がどうかという所と、東京1,600mというレースが二頭とも初めて
という事だけだと思います。

ただ、この2頭をまとめて負かせる馬が他に居るかと言うと、残念ながら
見当たりません。勝つのはこの2頭のどちらかでしょう。

一角崩しが有るとすれば、前走休み明けで重賞初挑戦、1番人気に
推されて6着に敗れたラドラーダに期待します。
休養に入る前には、東京1,600mのレースを2連勝しており、この距離と
コースを得意にしているところです。
そして、鞍上がブエナビスタの元主戦ジョッキーだった、安藤勝騎手。
燃えないはずが有りません。2週続けてアンカツの手綱捌きが、鍵を
握ると見ました。

あと、先週のダノンシャンティと同じフジキセキ産駒のウェディングフジコ
(母父トニービン)と、大外は気になりますがプロヴィナージュの先行
粘りこみに期待。

あとは馬券をどう買うかですね。
オッズを見ながら「トリガミ」だけには気をつけなければ・・・。

発走は15時40分です。
レース後の「反省文」をお楽しみに・・・。

【レース後の反省文】

【レース結果】
1.ブエナビスタ
2.ヒカルアマランサス
3.ニシノブルームーン


今日のブエナビスタは、いつものキレが感じられませんでした。
やはり、海外遠征の疲れが残っていたんでしょうね。
それでも最後は、キッチリ差し切る辺りはさすがですね~。

一方、二強の一角レッドディザイアもブエナ同様の事が
言えると思います。次はもっと良くなるでしょう。

この2頭の次のレースは、安田記念か宝塚記念か?
マイルよりも今なら中距離の方が合っている気がしますので、
宝塚記念に向かう公算が強そうですね。

それにしても、当たりませんね~(汗)。この企画も5連敗(涙)。

来週はこのコーナーの存続を賭けて、ぐわんばりまぁーす。

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。