カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3~4月のNew Discから 最終夜

MGMT 2ndjonsi GoWake Up the NationHere Lies LoveGorillaz 3rd

【今日の5曲】  ~テーマ『New Disc特集(2010年3月~4月)③』~
1.イッツ・ワーキング/MGMT・・・Congratulations
2.ゴー・ドゥー/ヨンシー・・・Go
3.ノー・ティアーズ・ノー・クライ/ポール・ウェラー・・・Wake Up The Nation
4.アメリカン・トゥログロダイト/デヴィッド・バーン・・・Here Lies Love


5.オン・メランコリー・ヒル/ゴリラズ・・・Plastic Beach
Bonus Track
1.セブン・ネイション・アーミー/ホワイト・ストライプス・・・Under Great White Northern Lights
2.アクシデンツ・ウィル・ハプン/エルヴィス・コステロ・・・Live At Hollywod High


今年3月~4月に発表された「OASI-Z注目のアルバム」最終夜です。

Gorillaz 3rd

そして最後の曲は、ゴリラズの3rdアルバム『プラスティック・ビーチ』から
「オン・メランコリー・ヒル」です。
世界初のカートゥン・バンドとして登場するや、1stが700万枚、2ndが
800万枚と破格のセールスを記録。ユニットの中心人物である、ブラー
デーモン・アルバーンにしてもここまでの成功は、考えていなかったようです。

ヒップホップをベースにオルタナ、スカ、エレクトロ、民族音楽・・等、色々な
エッセンスを注ぎ込み、最先端の実験的なポップ・ミュージックを生み出している、
ヴァーチャル・バンドがこのゴリラズですが、今作は前作以上に多彩なゲストが
参加しています。
クラッシュミック・ジョーンズポール・シムノンを始め、ルー・リード
ザ・フォールマーク・E・スミス、“ソウル・レジェンド”ボビー・ウーマック
前作に続いてデ・ラ・ソウルなど。

これだけ異種格闘技戦のようなメンバーを一つのコンセプトにまとめあげて、
統一感あるアルバムを作り上げるデーモン・アルバーンの才能は、本当に
感心させられます。


これは「オン・メランコリー・ヒル」ではなく「スタイロ」(汗)

----------------------------------------------------------------

White Stripes Live

今夜は特別にボーナス・トラックとして、ライヴ・アルバムから2曲。

先ずはホワイト・ストライプスの2007年のライヴCD+ドキュメンタリーDVD
から「セブン・ネイション・アーミー」です。
主役はCDではなくDVDの方で、実はライヴ映像だと思って購入したのですが、
彼らがカナダ各地をを移動するドキュメンタリー映像になっています(汗)。
いわゆる「1音ライヴ」も収録されているのですが、集まった人たちは
怒らなかったのでしょうか?

でも、これ観るとラカンターズでもデッド・ウェザーでも無く、ホワイト・ストライプスのニュー・アルバムが待ち遠しいですね。


これが「1音ライヴ」だっ!(笑)


Elvis Costello Live

そして、最後はエルヴィス・コステロの1978年のライヴを収録した
『ライヴ・アット・ハリウッド・ハイ』から「アクシデンツ・ウィル・ハプン」です。
3枚目の『アームド・フォーシズ』の発売直前で、1st~3rdの一番脂が
乗っていた時期のライヴ音源です。
この「アクシデンツ・ウィル・ハプン」は、オリジナルとは違ってピアノだけによる
スロー・バラードなのがイイですね~。

この人も創作意欲が全く衰えないので、
今年もアルバム発表してくれるのかなぁ。


これは1996年、通常の「Accidents Will Happen」

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

コステロのアーカイヴシリーズ、毎回楽しみですよね♪
ここはもう録音してある音源、全部聴きたいですね。
ブートにも限界がある気もしますしね。

ryoさん、こんばんは

私は、コステロのオリジナル・アルバム以外は殆ど買ってないのですが、ライヴ盤は持っていなかったので購入してみました。
初期を代表する「伝説のライヴ」というだけあって、なかなかの盛り上がりだと思います。
でも、出来れば「80年代前半」に、このアルバムを出して貰いたかったなぁ。

コステロの場合、まだまだ「伝説のライヴ音源」がたくさん有りそうですね。この後、続々と出てくるのでしょうか?

でも個人的には「今のリアルのコステロ」の音源を、毎年聴きたいところですe-454

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。