カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オアシ君の青春日記①

Thats the Way of the WorldPunch The ClockThe Best Of FriendXTC_-_Beeswax.jpgSteely Dan:Royal Scam

【今日の5曲】  ~テーマ『クロスオーバーイレブン』な気分で《その4》~

1.暗黒への挑戦/アース・ウィンド&ファイアー・・・That's The Way Of The World
2.チャーム・スクール/エルヴィス・コステロ・・・Punch The Clock
3.愛する人/ロギンス&メッシーナ・・・The Best Of Friends
4.ブレイム・ザ・ウェザー/XTC・・・Beeswax:Some B-Sides 1977-1982
5.トルコ帽もないのに/スティーリー・ダン・・・Royal Scam


大学2年生になったオアシ君は、一人でアパート住まいを始めた。
1年の時は大学の寮に居たのだが、寮には1年しか居られないので
必然的にアパートに移り住むしかなかったのだ。

部屋は7畳半の変則的な間取りの一角に台所、それに風呂とトイレが一緒の
ユニットバスがついている、結構小ぎれいなアパートだ。
でもこの「お風呂」が数ヶ月後、オアシ君を悩ませる事になるとは、この時は
夢にも思わなかった。

風呂はお湯を貯めて入るタイプのものでは無く、一旦浴槽に水を貯めて
それを温めて入るものだ。
浴槽に水が貯まるのに20分、それを沸かすのに30分~40分。都合、1時間
かけてようやく入れるというツワモノだ。

夏はまだ良かったのだが、冬になると水温が冷たい為、お湯が沸くのに
1時間近くもかかるようになった。

その為、冬場のガス料金の請求額が異常に高くなり、入浴は2日に一度、
または3日に一度入ることでオアシ君は節約をした。

しかし、どんなに入る回数を減らしてもガス料金は、それをあざ笑うかのように
少しずつ増え続けていった。
沸かす時間を短くして、ぬるくて寒いお風呂に我慢して入っても、ガス料金が
減る事は決してなかった。

クラスの友人に聞いてみると「俺んち、そんなにガス料金かかんないよ。
ガス漏れてんじゃねーの」と実にそっけない答だった。

オアシ君は、一人暮らしの厳しさを身に染みて感じていたのだった・・・。


Thats the Way of the World

Punch The Clock

The Best Of Friend


この状況が「絶対、おかしい!」と気付いたのは、オアシ君が春休みで帰省
していたにもかかわらず、その月の請求額が前月と変わらなかったからだ。

オアシ君は、意を決してガス会社に電話をしてみた。
ガス会社の担当者の答は「ガスを使用した時、貴方の部屋のガスメーターが
正しく動くかを確認して下さい」というものだった。

オアシ君は早速、ガスメーターが収納されているBOXの扉を開いてみた。
すると、そこには2つのメーターが設置されていた。
オアシ君の部屋のものと、隣の部屋のメーターだ。

急いで部屋に戻り、ガステーブルに火を点けてメーターの所に戻ると
勢いよくメーターが回転していたのは、なんと隣の部屋のメーターだった・・・。


XTC_-_Beeswax.jpg


オアシ君の隣の部屋の住人は、同じ大学の4年生の女子だった。
隣と言っても顔を合わすこともなく、オアシ君が引っ越してきた時に
挨拶に行って以来、会うことも無かった。
ただ、隣の部屋から夜になると男の声がいつも聞こえて来た。
もしかしたら、同棲していたのかも知れない。

オアシ君がメーターを確認した時、その隣人は卒業式を終えて引越しを
したばかりだった。
だから、どう考えても隣の部屋のメーターが動く事など有り得ないのだ。

即ち約1年近く、オアシ君は隣の部屋のガス料金を払い続けてきたのだ

オアシ君が決死の思いで、寒い風呂に入っていたにもかかわらず、
ガス料金が減らなかったのも、これで説明がついた。
オアシ君が冬休みに帰省した時は、隣人も帰省していたのだろう。
請求額の異変には、その時はまだ気付かなかった。

オアシ君はガス会社に連絡をして調べに来てもらい、オアシ君が引っ越して
来てから約1年間の両方の部屋のガス料金を比べて、多く払い過ぎた
約9万円もの大金を返金してもらった。

オアシ君が増え続けるガス料金に悩み、我慢をすればするほど、
隣のガス料金が減っていったのだと考えると、やりきれない気分になった。

隣の部屋では、二人で仲良く暖かい風呂に毎日入っていた(←推定)と考えると、
腸が煮えくりかえそうにもなった。

隣人の女性の行方は、もう分からないはずだ。
ガス会社は、差額分の請求は出来ないのだろうと思うと
無性に腹立たしい気持ちになった。

でも、オアシ君にとっては社会生活の厳しさを肌で感じとり
大人への階段を一歩上ったという意味では、
良かったのかも知れない・・・。


Steely Dan:Royal Scam
                     コイツは誰なんだ?

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

いやぁ、まだ救いなのは料金が帰ってきたってことですかね〜
なんともせつない?青春の1コマですね、うふ♪

へどろんさん

今なら、少しでもおかしな所があればソッコーで、電話するんですけどね(笑)。当時は社会の常識も分からない、純情な青年でしたe-446

でも、私の前の入居者は「大損」をこいて引っ越していったのでしょうか?
(お風呂大好きで、毎日たっぷり入っていれば逆転現象があったかもですが・・・)

現在、共同住宅にお住まいの皆さんもこういう事が稀にあるようですので、少しでもおかしな所があったらメーターをチェックする事ですねv-290

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。