カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なる変身を遂げたアーティスト達

Bob WelchDavid BowieJapanRoxy MusicSparks

【今日の5曲】  ~テーマ『華麗なる変身』~
1.センチメンタル・レディ/ボブ・ウェルチ・・・フレンチ・キッス
2.モダン・ラヴ/デヴィッド・ボウイ・・・レッツ・ダンス
3.ヴィジョンズ・オブ・チャイナ/ジャパン・・・錻力の太鼓
4.セイム・オールド・シーン/ロキシー・ミュージック・・・フレッシュ&ブラッド
5.ビート・ザ・クロック/スパークス・・・NO.1イン・ヘヴン


今日の5曲は、「時代の流れを敏感に察知して、自分の音楽スタイルを変化させていったアーティスト」(←長げぇーよ!)にスポットを当ててみたいと思います。

実はこの投稿、全部書き上げて「下書き」にしていたはずなのに、何故か保存されておらず(涙)、2回目の投稿になります。
自慢では有りませんが、1回目に書いた内容は殆ど覚えてないし、ショックで完全にテンションが下がっているので、上の「フレッシュ&ブラッド」のジャケットでは有りませんが、すっかり「投げやり」になっている事をお許し下さい。


Bob Welch

先ず1曲目は、ボブ・ウェルチの「センチメンタル・レディ(邦題:悲しい女)」です。
レッド・ツェッペリンを彷彿させるソリッドなギターとヴォーカルで、コアなハード・ロック・ファンの心を掴んだスリー・ピース・バンド「パリス」のヴォーカル&ギタリストのボブ・ウェルチが、ソロになって発表した1枚目のアルバム『フレンチ・キッス』のオープニング・ナンバーです。
このアルバムはパリス時代からは想像出来ない位、ポップでキャッチーなメロディと、ハイセンスでお洒落な大人のムード満載の、当時流行の「AOR」を意識した作品でした。
ただ、パリス時代のハード・ロック的なアプローチも、このアルバムには受け継がれており、その辺がパリスのファンにも評価されたところだと思います。
この「センチメンタル・レディ」は、フリートウッド・マックの曲で、彼が「売れる前のマック(笑)」に在籍していた時に、手掛けた作品をリ・メイクしたものです。
爽やかで清々しいメロディが心に染みる、名曲です。


David Bowie

続いて2曲目は、デヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」です。
シックのナイル・ロジャースをプロデュースに迎え、思いっきりダンサブルでファンキーなアルバム『レッツ・ダンス』の、これもオープニング・ナンバーです。
『レッツ・ダンス』は、彼のキャリアの中でセールス的に最も成功したアルバムですが、その一番の要因はMTVの登場でしょう。ボウイの美しさは、当時のニュー・ロマンティックスのバンド達にも決して負けておらず、その姿が日常的にTVでオン・エアされた事で、メガ・ヒットに繋がったのだと思います。
とにかく、当時のアナログ盤でも音質が非常に良く、ミックスのボブ・クリアマウンテン(ロキシー・ミュージックのアヴァロンも手掛ける)は、つくづく「いい仕事をするなぁ」と感心した覚えが有ります。
「ロジャー」以降、精彩を欠いていた彼の「復活」を、この「モダン・ラヴ」のイントロを聴いた時、私は確信したのです。


Japan

3曲目は、ジャパンの「ヴィジョンズ・オブ・チャイナ」です。
1~2枚目はハード・ロック、3~4枚目はディスコ・ビートを導入、そしてこの曲が収録された5枚目『錻力の太鼓』は一転してダウナーで深遠なる世界に我々を誘いました。
この「ヴィジョンズ・オブ・チャイナ」は、ポップなメロディをオリエンタル・ビートに乗せた佳曲で、ジャケットの毛沢東の写真が飾られた、部屋のイメージ通りの作品です。
ジャパンもこの頃は、デビュー当時の「美容院のお兄さん」的な佇まいは姿を消し、正当な評価をようやく受けられるようになったのです。


Roxy Music

4曲目は、ロキシー・ミュージックの「セイム・オールド・シーン」です。
およそ3年近い活動休止後に発表されたアルバム「マニフェスト」は、初期の「アヴァンギャルドなグラム・ロック」「ヨーロッパ耽美主義的なダンディズム」から脱却し、ロキシー的ダンス・ミュージックを実践した作品でした。「ポップでソウルフルなロキシー的様式美」を追求するという今後の方向性をリスナーに示した、ブライアン・フェリーの「マニフェスト(音楽的公約)」は、続くアルバム『フレッシュ&ブラッド』でも実践されました。
この「セイム・オールド・シーン」は、その『フレッシュ&ブラッド』の3曲目に収められたシングル・カット・ナンバーで、ディスコ・ビートにフェリーのファルセット・ヴォイスを乗せた、ロキシー・ミュージックの新機軸と言える曲でした。


Sparks

最後の曲は、スパークスの「ビート・ザ・クロック」です。
プロデューサーにジョルジョ・モロダーを迎え、ディスコ・ビート全開のアルバム『NO.1イン・ヘヴン』のアナログ盤B面1曲目の曲です。
ロンとメイルのラッセル兄弟が作り出す「偏屈・変態ポップ」は1979年、ディスコ・ミュージックの仕掛人であるジョルジョ・モロダーとタッグを組む事によって、彼らの最高傑作アルバムを生み出しました。
しかし、当時はこんなに素晴らしいアルバムが日本盤では発売されず、輸入盤でしか手に入らなかったのです。現在でも活動を続けているスパークスですが、当時の日本におけるこのバンドのポジションが伺えるエピソードだと思います。


はぁ~、それにしても2回入力するのは疲れるなぁ・・・。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

デヴィッドボウイ、この年には大島渚監督の戦メリにも出て
日本にも来日したりして、話題になってましたよね~!
私、このときはまだ中学生だったのでボウイのことはぜんぜん知らなくて
ワイドショーの戦メリ関連ニュースで知りました(^^ゞ

その来日のとき、なんと、深夜番組のオールナイトフジに
1曲だけ歌って出演したんですよw
今思うとスゴイことですよねw
あんなテキトーな深夜番組に、
あのボウイ様がたったの1曲だけで出演するだなんて!
今思い出しても笑ってしまいます(^^ゞ

ちなみにレッツダンスの1つ前の作品「スケアリーモンスターズ」が
私的にはすごく好きです♪
特に一発目のイッツ・ノー・ゲームっていう
日本語ナレーションが入った曲が好き♪
いつ聴いても震え上がるほどのアングラ感でカッコイイです☆

もりたんさん

>イッツ・ノー・ゲームっていう 日本語ナレーションが入った曲が好き♪

~もう天国の自由の階段はないー・・・ってヤツですね。
私も「スケモン」(ポケモンではない)の中の「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」は、ボウイの曲の中でも5本の指に入る名曲だと思っています。
そして、レッツ・ダンスの後のアルバム『トゥナイト』も、結構私は気に入っていたんですけど、セールス的には失敗でした。
『トゥナイト』に収められた「ブルー・ジーン」が化粧品「ノエビア」のCMに使われたり、宝焼酎「純」のCMに出たり、結構日本でも注目を浴びていましたね。

コメント、ありがとうございます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。