カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポップなプログレを集めて

Jullia[1]OOPS! WRONG PLANETCunning StuntsStrawbs[1]Ege Bamyasi

【今日の5曲】  ~テーマ『ポップなプログレッシヴ・ロック集』~

1.晩秋/パブロフズ・ドッグ・・・Pampered Menial
2.ウィンドウズ/ユートピア・・・Oops! Wrong Planet
3.スタック・イン・ア・ホール/キャラヴァン・・・Cunning Stunts
4.パート・オブ・ザ・ユニオン/ストローブス・・・Bursting At The Seams
5.スプーン/カン・・・Ege Bamyasi



いよいよ、明日の夜中ですね~。運命のデンマーク戦。

早く寝ないと、ですね。でもそんなに早く眠れないっスよね~。

今夜は前祝に、いつもの発泡酒ではなく「エビスビール」片手に
プログレでも聴きながら眠りにつきましょうか・・・。

・・・とかなり強引マイ・ウェイに今日のテーマに繋げてみましたが、
プログレッシヴ・ロックは、とんと聴かなくなりましたね~。

プログレッシヴ・ロックの全盛期は70年代初頭から、パンクが登場するまで
の1977年位まででしょうか?
私がちょうど中学生だった74年~76年の3年間が、個人的にもっともプログレを
聴いていた時期でした。
しかし、中学生だった為に1ヶ月に買えるLPレコードはせいぜい1枚程度。
友人や中学の英語の先生とのアルバムの貸し借りで、カセットテープに
録音しながら、ストックを増やしていったものです。

そこで「今日の5曲」は、当時カセットテープで聴いていたものの、テープは
どこかに紛失してしまい、CDで買い直したバンドのアルバムから選曲しようと
思います。

いずれも、プログレと言いながらも比較的ポップな曲を集めてみましたので、
今の時代でも古さを感じない曲だと思います。
(いやぁ~、やっぱり古いかな?)


Jullia[1]

先ず1曲目は、パブロフズ・ドッグのデビュー・アルバム『禁じられた掟』
から「晩秋」です。
パブロフズ・ドッグを知ったのは、日本でのデビュー・アルバムにあたる
2ndアルバム「条件反射」を発表した時で、ちょうど理科の授業で「反射」と
「条件反射」の勉強をしている時に「パブロフの犬」の話がが出てきたばかりで、
とても印象に残っています。

イエスのジョン・アンダーソンを超越した、ヴォーカルのデヴィッド・サーカンプ
ハイトーン・ヴォイスとメロトロンの洪水(笑)が特徴のバンドで、この「晩秋」
はポップな中に哀愁を感じさせる、彼らの代表曲です。


OOPS! WRONG PLANET

2曲目はトッド・ラングレン率いる、ユートピア4枚目のアルバム『悪夢の惑星』
から「ウィンドウズ」です。
いわゆる「ハード・プログレ」といわれたユートピアですが、このアルバムは
過去のアルバムに比べてポップ寄りになり、トッド・ラングレンのカラーが
強くなった感じです。

このアルバムには「愛こそ証:Love Is The Answer」という超名曲がラストに
収められているのですが、この「ウィンドウズ」もメロディとコーラスが印象的な
素晴らしいナンバーです。
アルバムジャケットがイエスの『究極』をなんとなく彷彿させてくれます。


Cunning Stunts

続いて3曲目は、1975年に発表されたキャラヴァン7枚目のアルバム
ロッキン・コンチェルト(原題は全然違うCunning Stunts) 』から
「スタック・イン・ア・ホール」です。
グランド・ファンク・レイルロードの「アメリカン・バンド」のような
イントロからスタートするこの曲は、プログレというよりもよく出来た
“3分間ポップ”と言える佳曲で、とても爽やかなメロディが耳に残ります。

アルバム・ジャケットをヒプノシスが手掛けており、ユニークなアート・ワーク
も話題になったこの作品は、キャラヴァン最大のヒットとなりました。


Strawbs[1]

4曲目は、ストローブス「パート・オブ・ユニオン」です。
この曲は日本でも1973年に、ラジオのヒット・チャート番組で10位以内に
入るスマッシュ・ヒットを記録し、個人的にも大好きだった思い出深い曲です。
(英国では2位を記録)

実はストローブスはこのアルバム(Bursting At The Seams)しか聴いた事が
無いのですが(汗)、印象としてはプログレと言うより叙情派フォーキー・ロック
という感じです。
ただ、今ひとつ地味な印象しか残っていないのはテクニックに走る訳でもなく、
プログレとフォークの中間というポジションが、よくなかったのかなと思います。


Ege Bamyasi

そして最後の曲はドイツのバンド、カンが1972年に発表したオクラの缶詰で有名な
『エーゲ・バミヤージ』から「スプーン」です。

プログレというより「クラウト・ロック」という、ドイツの“実験的なロック集団”として
紹介される事が多いカンですが、このアルバムにはアヴァンギャルドな日本語
訛りの英語(笑)ヴォーカルを聞かせてくれる、日本人ヴォーカリストダモ鈴木
や、80年代前半にサンプリングを使い、「サウンド・コラージュの芸術品」
言われる作品を発表したホルガー・シューカイが在籍していた事でも有名な、
伝説的バンドです。
この「スプーン」はドイツTVのテーマ曲に使われた、不思議なポップ・ソングです。

因みに以前紹介したスプーンは、この曲からバンド名を取ったものです。



もう一丁!このライヴはカッコ良すぎでヤバイです


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。