カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5~6月のNew Discから 第一夜

Dead WeatherLCD Soundsystem

【今日の5曲】  ~テーマ『New Disc特集(2010年5月~6月)①』~
1.ブルー・ブラッド・ブルース/ザ・デッド・ウェザー・・・Sea Of Cowards
2.ドランク・ガール/LCDサウンドシステム・・・This Is Happenning


最近はサッカーネタと競馬ネタばかりで、すっかり音楽ネタから遠ざかって
おりましたね~。
このままでは、ブログタイトルも変更しなければ・・・(汗)。

という事で、忘れちゃいけない音楽ネタを久々にエントリーしたいと思います。

「今日の5曲」は、今年5月~6月に発表されたOASI-Z注目のアルバムを
紹介いたします。

Dead Weather

先ず1曲目は、ザ・デッド・ウェザーの2ndアルバム『シー・オブ・カワーズ』から
「ブルー・ブラッド・ブルース」です。
ご存知、ホワイト・ストライプスジャック・ホワイトのサイド・プロジェクトで、
本人はギターでは無くドラム!を嬉しそうに叩いているのが伝わるアルバムです。

前作『狂おしき薫り』から、1年足らずのインターバルで発表された今作ですが、
相変わらずの歪んだブルーズなギターとタイトなリズムで、ジャック・ホワイト節が
M-1から炸裂しています。

まぁ、この人の手にかかればホワイト・ストライプスも、ラカンターズも、この
デッド・ウェザーも、ガレージ・ブルースの基本路線は一緒で、とにかく溢れ出る
創作意欲の発表の場を求めてひたすら、作品を作り続けるジャック・ホワイトに
脱帽です。




LCD SoundsystemLCD_convert_20100708214152.jpg


2曲目はLCDサウンドシステムの3rdアルバム『ディス・イズ・ハプニング』から
「ドランク・ガール」です。
音楽プロデュース、リミックスを手掛けるDFAの中心人物ジェイムス・マーフィー
のサウンド・プロジェクトによる、第3弾になるアルバムですが、なんとラスト・
アルバムになるそうで、大変気合の入ったアルバムになっております。

前作『サウンド・オブ・シルバー』も素晴らしい「スルメ的なダンス・ミュージック」
を聴かせてくれましたが、このアルバムはディスコ、ファンク、エレクトロ、更に
ポップな仕上がりになっており、ファースト・インプレッションからグイグイと
引き込まれます。

アルバム・ジャケットもブライアン・フェリーを意識したけど、全く絵にならない(笑)
コミカルなアート・ワークで笑えるし、とにかくハチャメチャなPVが最高!



ブライアン・イーノの「Here Come The Warm Jets 」と
デヴィッド・ボウイの「Heroes」をミックスしたような「All I Want」も最高!!


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。