カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5~6月のNew Discから 最終夜

Dead WeatherLCD SoundsystemFoals.jpgDrums.jpgFurther CBKeane.jpg

【今日の5曲】  ~テーマ『New Disc特集(2010年5月~6月)③』~
1.ブルー・ブラッド・ブルース/ザ・デッド・ウェザー・・・Sea Of Cowards
2.ドランク・ガール/LCDサウンドシステム・・・This Is Happenning
3.ディス・オリエント/フォールズ・・・Total Life Forever
4.レッツ・ゴー・サーフィン/ザ・ドラムス・・・The Drums

5.スウーン/ケミカル・ブラザーズ・・・Further
Bonus Track
以心電信/キーン・・・Night Train



今年5月~6月に発表された「OASI-Z注目のアルバム」の最終夜です。

Further CB

5曲目は、キャリア15年を誇るケミカル・ブラザーズの7枚目のアルバム
『時空の彼方』から、「スウーン」です。

私自身、はっきり言って「ハウス」だとか「テクノ」だとか「クラブ」だとか
いうジャンルは余り聴く事が無く(汗)、せいぜいアンダー・ワールド
アルバムを数枚所有している程度で、このケミカル・ブラザーズに至っては
2ndアルバム『ディグ・ユア・オウン・ホール』のみ所有という有様。(大汗)。

では、どうして今回アルバムを聴いたのかというと、タワレコに行った時に
この「スウーン」が店内に延々と繰り返し流れており、そのミニマルな音に
すっかり洗脳されてしまったのです。

で、実際買って来て聴いてみるとこれがまた「素晴らしい!」
レイヤーのアナログ・シンセ?によるサウンドと、心地よいミニマリズム。
繋ぎ目無く全8曲が、私を「時空の彼方」に誘います。

とにかく気持良くて、最近は車の中でこのアルバムばかり聴いてます。
映像付きのヤツを買えばよかったな~。買い直そうかな・・・。




Keane.jpg

そして、ボーナス・トラックとしてキーン『ナイト・トレイン』から昔懐かしい
YMOのカバーで「以心電信」です。
前作「パーフェクト・シンメトリー」のツアー中に、レコーディングされた
8曲入りのミニ・アルバムになります。

バンドのフロント・マンであるティム・ライス・オクスリーが、2008年に
ロンドンで観たYMOの再結成ライヴを観て、その時に聴いたこの「以心電信」
が忘れられなくて、カバーをしたいと思ったとの事。
因みにヴォーカルは、日本人フィメール・ラッパーのティガラが担当。
他にも、ロッキーのテーマをフィーチュアしたM-7の「ルッキング・バック」
などもあって、思わず「ニヤッ」としてしまいます。

彼らがツアーで世界各地を訪れた際に、インスパイアされたものを形として
残してくれたわけですが、ツアーの疲れがある中でもこれだけ良質な作品
発表できる、今のこのバンドの充実度は凄いと思います。
これで益々、次回作が楽しみになったというものです。



関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。