カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤① デヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』 

今現在ロック(音楽)を聴いている人には、必ず魂を揺さぶられた
決して忘れる事が出来ない、自分にとっての「名盤」が有ると思います。
私OASI-Zにも、そんな思い出深いアルバムがいくつかあります。

そこで、私が影響を受けたアルバムを「10枚」選んでこれから不定期に(笑)
紹介していきたいと思います。

第1回目の今回は、'72年発表のデヴィッド・ボウイ「ジギー・スターダスト」
(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars
邦題:屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群)です。


Ziggy Stardust

このアルバムを初めて聴いた時の衝撃は、今でも忘れられません。

顔には化粧を施し、煌びやかなファンションばかりが注目されて音楽的に
正当な評価をされる事が少なかったグラム・ロック

そのグラム・ロックの代表選手と言えば、マーク・ボラン(T.レックス)
デヴィッド・ボウイでした。

特に日本ではアルバムよりも、シングル・ヒットを連発していたT.レックス
の人気が圧倒的で、シングル・ヒットが少なかったデヴィッド・ボウイは、
マーク・ボランよりも人気面では、遅れをとっておりました。
(実は私OASI-Zも以前エントリーしましたが→T.レックス派でした)

そんな時に発表されたのが、この『ジギー・スターダスト』でした。

初期のボウイは、ボブ・ディランに影響を受けたフォーキーなサウンドが
中心でしたが、このアルバムによってデヴィッド・ボウイというアーティスト
のスタイルと、イメージが確立したと言えるでしょう。

そして彼のグラマラスなルックスと、パントマイムを使って視覚的にも訴えた
ライヴ・パフォーマンスが評判になり、デヴィッド・ボウイの評価は次第に
高まっていったのです。

実は私、このアルバムはリアルタイムより少し遅れて聴いたのです。
収録曲の「スターマン」のシングル・ヒットはリアルタイムでしたが、同時期に
ヒットしていたT.レックスの「チルドレン・オブ・ザ・レヴォリューション」の方が
「スターマン」よりも気に入っていたので、アルバムを購入するまでには至らな
かったのです。

しかし、それは「大きな間違いだった」という事をアルバムを1回聴いただけで
感じました。

アルバムには、1回聴いただけでその「初期衝動」が凄くて好きになるものと
何回か繰り返し聴いていくうちに好きになるものが有りますが、このアルバムは
正に前者のパターンでした。

また、アルバムのA面4曲目に登場する「スターマン」の素晴らしさは、シングル
として聴いていたものとは、全く別物の印象を受けました。

よく「捨て曲なし」という表現を聞きますが、70年代前半位のアルバムには
どんなに優れた作品でも、1曲や2曲「残念な曲(笑)」というのが収録されて
おりました。

しかしこの「ジギー・スターダスト」は、私が初めて体感する「捨て曲なし」
アルバムだったのです。

それは単にキャッチーだとかポップだとか、そういう理由ではなく、音楽的な
クオリティの高さと、異星からやってきた「ジギー・スターダスト」という架空の
ロック・スターの栄枯盛衰を、トータル・アルバムという1曲1曲が孤立する
のではなく、まるで「ドラマのように」1枚のアルバムが構成されている事が
大きいと感じます。

そして圧巻なのは、アコースティック・ギターを弾きながらボウイが切々と歌う
ラスト・ナンバーの「Rock'n' Roll Suicide:ロックン・ロールの自殺者」

あなたはひとりじゃない 僕の方を向いてくれ
あなたはひとりじゃない 戻ろう生きるんだ
あなたはひとりじゃない あなたの両手を差し出すんだ
あなたは素晴らしい 両手を差し出しておくれ
あなたは素晴らしい 両手を差し出しておくれ


このメッセージがロックが好きな我々に、どれだけ勇気を与えてくれたことか。
そして私OASI-Zにとっても、この1曲でデヴィッド・ボウイの評価が決定した
と言える「珠玉の名曲」なのです。



ボウイは本当に異星人じゃないの?と思わせる、ジャケットのアート・ワークも
含めて1970年代だけでなく「20世紀を代表する」作品だと思います。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

どうも御無沙汰しております。最近ブログに手を付けられる時間が少しずつ増えてきました。
10枚選ぶのって大変な作業になるかもしれないですね。でもその仕分け作業がちょっと楽しかったり…僕のブログでも右側の方に10枚選んで貼ってあるんですが、たまに変更したくなります(爆)

僕も捨て曲がないという意味で、名盤らしい名盤、正道をいく名盤って感じがします。
僕は後聴きなので、アルバムを知った後にスターマンがシングルカットされたことを知ったのですが、アルバムの中でスターマンて凄く絶妙な位置にあるなぁと最初に感じました。連なる頭の3曲の後に一度緊張感をリセットしてくれるような印象です。

いたちさん、こちらこそご無沙汰しております。

いやぁ、いたちさんもこのアルバムを取上げていらっしゃたのですね~。
事前に拝見して、参考にしていればもう少し気の利いた文章が書けたんですけどね(汗)。

いたちさんの仰るとおり「スターマン」は、A面1曲目から3曲目の徐々にドラマが盛り上がり、ほど良い緊張感が続いた後、4曲目にこの曲が登場することで、曲の素晴らしさが強調されたのだと思います。

あー、やっぱり参考にしていればもう少し上手い文章が書けたのに・・・(爆)。

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私的100選? David Bowie「Ziggy Stardust」

「地球に残された時間はあと五年」 そんな明言で始まる「Fiveyears」がこれまた泣ける名曲なんですねー。地球が終わると知ったある個人の心情描写が好きでして…。その部分の歌詞が And it was cold and it rained so I felt like an actor And I thought of Ma ...
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。