カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤② ピンク・フロイド『おせっかい』

私OASI-Zが影響を受けたアルバムを10枚選んで、不定期に(笑)紹介して
いくコーナーの第2回目は、1971年に発表されたピンク・フロイドの代表作
「Meddle:おせっかい」です。

Meddle.jpg


ピンク・フロイドと言えば、殆どの方が「The Dark Side of The Moon:狂気」
を代表的なアルバムとしてあげる事でしょう。

実際、アメリカでは連続724週(約15年間)にわたってTOP200に居座り続けた
モンスター・アルバムであり、日本でも当時大人気だった天地真理のアルバム
を抜いて「1位」になったという、圧倒的なセールスを誇るコンセプト・アルバム
です。

また、私のリアルタイムなピンク・フロイドは「狂気」で、このアルバムは様々な
効果音とミュージック・コンクレートを駆使し、色々なアイデアが詰め込まれた
画期的なアルバムで、まさに「プログレッシヴ・ロック」を代表する作品だと
言っても過言ではないでしょう。
しかし、トータル的なアルバムの評価は「狂気」の方が上かも知れませんが、
私が魂を揺さぶられた「珠玉の名曲」という観点では、「おせっかい」に収録
された「エコーズ」に勝るものはありません。

この「エコーズ」を聴いた時の事は、今でもハッキリ覚えています。

当時、中学生だったOASI-Zは、友人のユウジ君と小野君と三人で、英語の
ミウラ先生の家に遊びに行きました。(ユウジ、小野に気をつけろ・・・)

ミウラ先生は、数100枚のロックのLPレコードを所有しており、まだ中学生の
我々が聴いた事のないレコードを、上質な音響設備のオーディオで聴ける事が、
本当に楽しみでした。

そして、そのミウラ先生の家で「エコーズ」を初めて聴いたのです。

ミウラ先生は午後の明るい時間にもかかわらず、部屋のカーテンを閉めてから
レコードに針を下ろしました。

それは「エコーズ」の1音1音から、我々がイマジネイションを駆り立てる為の、
最高の演出効果だったのです。

ピアノの高いキーの音に「エコー」をかけたイントロから始まるこの曲は、
その後に異様なまでの緊張感が包み込みます。



そして、この曲のクライマックスはインスト・パートが続いた後、11分~19分の
8分間、出口の見えない混沌とした暗闇の迷宮に閉じ込められ、我慢の極限
に達した時、明るい陽光が差し込むように
ヴォーカルで我々を「緊張感」から
解放してくれる瞬間だと思います。



このクライマックスへ導くサウンド・プロダクションが、他のプログレ・バンドに
比べて秀でており、特に演奏技術が高いわけではないこのバンドが、これほど
までに高い支持を集めた、最大の理由なのだと思います。

緻密に計算された構成とアイデア、そして一つのテーマを繰り返す、単調な曲
にもかかわらず張り詰めた音の緊張感によって、23分を超える長尺な曲を飽き
させないで聴かせてくれるテクニックは、流石としか言いようがありません。

ただ、今聴くとあのファースト・インプレッションの感動を、残念ながら味わう事
は出来ません。それは今とは時代も違うし、ロックがその後も様々な形で進化
してきているからでしょう。
それでも、A面の②~④なんかは今の「ブルックリン派のネオ・フォーク」
サイケ感に通じるものがあり、全く古臭く感じさせないのは驚きです。


「エコーズ」を聴き終えた後、ミウラ先生がカーテンを開けて眩い外の陽光が
部屋に差し込んだ時の「脱力感」「満足感」は、この「耳」ジャケット写真と
セットになって、35年以上たった今でも忘れる事は出来ないのです。



関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

エコーズも大好きだし、「吹けよ風、呼べよ嵐」も勿論大好きなんですが、2~6曲目のフォーキーで優しいフロイドは最高です。
プログレバンドってこのような「裏の顔」が魅力的。
「狂気」は完璧(大好きですが)なアルバムなのと比べて、ちょっとした「変化」を見せる「おせっかい」は良いアルバムだと思います。

ryoさん、こんばんは。

アブドーラ・ザ・ブッチャーのせいで、過激なイメージが定着してしまった「吹けよ風、呼べよ嵐」の後に、「ピロウ・オブ・ウィンズ」が出てくると、妙にホッとします。
『原子心母』の中の「if」も、今聴いても心に染みますね~。

また、ピンク・フロイドはジャケットのアート・ワークでも楽しませてくれたバンドでしたね。
“びっくりアート”も顔負けの『馬熊』じゃなくて『ウマグマ』、その後の「牛乳石鹸」には、ぶっ飛びました!。
とにかく、奇抜な(笑)アイデアと実験的な部分が「生命線」と言えるバンドでしたので、商業的には成功しましたが『ザ・ウォール』は「な~んか普通のバンドになっちゃったなぁ」と感じて、寂しい思いをしたものです。

コメント、ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。