カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤③ レッド・ツェッペリン『レッド・ツェッペリンⅣ』

私OASI-Zが影響を受けたアルバムを10枚選んで、不定期に(笑)紹介して
いくコーナーの第3回目は、1971年に発表されたレッド・ツェッペリン
「レッド・ツェッペリンⅣ:フォー・シンボルズ」です。

Zeppelin 4
汚れていますが(汗)↑背中のところもノークレジット

このアルバムには、アーティスト名もタイトルも表記されていないのですが、
実際購入する時にはそんなに違和感は有りませんでした。
それは、日本盤のアルバムには「帯」付いているからだと思います(笑)。

まぁ、それ以前に「老人の絵がこわれた壁にかかっている」ジャケットは
レッド・ツェッペリンの4枚目のアルバムであるという事は、雑誌などで
当然、認識をしていたわけですが・・・(汗)。

ただ、このアルバムを輸入盤で買う場合は、混乱したのは間違いないですね。

「フォー・シンボルズ」↓Zeppelin in

このアルバムを購入した理由は「ブラック・ドッグ」「ロックン・ロール」という
ヒット曲が収録されていたから。
当時2,000円を超えるLPレコードを購入する為には、そのアルバムの中に
「ヒット曲」が入っているかどうかという事が、とても大きなポイントであり、
知らない曲ばかりのアルバムは、手が出なかったのです(汗)。

70年代前半のハード・ロックといえば、レッド・ツェッペリンのほかに、
ディープ・パープル、そして「Look At yourself:対自核」などのヒットを
放ったユーライア・ヒープが、クラスのロック好きの仲間の間でも人気の
バンドでした。

特にリッチー・ブラックモアのギターが支持された、ディープ・パープル
の人気は絶大で、「ファイアーボール」「ハイウェイ・スター」等のヒットを
飛ばし、ギターを手にすれば誰もが「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
フレーズを弾いたものです。

一方、レッド・ツェッペリンの方は、ギター少年が憧れる「ギター・ソロ」の
目立ったパートも無く、またアコースティック・ギターがかなりの部分で
採用されていたので、どうしてもディープ・パープルの人気よりは、劣って
いたのだと思います。

実際、このアルバムからツェッペリンを聴き始めた私には「アコースティック」
な部分は、スンナリ受け入れる事が出来たのですが、1st~2ndから聴き
始めたハード・ロック・ファンにとって、3rdのアコースティック・サウンドを
大胆に取り入れた実験作には、大いに失望したのではないかと思います。

しかし、その後のツェッペリンの活動を考えると、この変化というのは非常に
重要で、ジミー・ペイジのギター・スタイルが「フレーズ」から「リフ」へ移行
していったのも、このアコースティック・ギターの「コード奏法」の影響を受け、
リズム主体のサウンドに、バンドの方向性を変える事が必然になったからだ
と言われているのです。

そして、私自身がハード・ロックといわれるバンドの中で、最もツェッペリンに
傾倒したのは、そのアコースティックな部分と楽曲の良さに惹かれたから
でした。

そのアコギのアルペジオと、リコーダーのイントロで始まる「Stairway To
Heaven:天国への階段」
はツェッペリンの中で一番、有名な曲でしょう。

タイトルも、アーティスト名も記さなかったこのアルバムの内袋に、手の込んだ
書体で歌詞を印刷したことからも、ジミー・ペイジがこの曲に込めた思いが
充分に伝わってきます。

Zeppelin in2

And if you listen very hard
The tune will come to you at last.
When all are one and one is all
To be a rock and not to roll.


とても文学的な歌詞で、和訳を見てもいま一つ解りずらいのですが(汗)、
「懸命に耳を傾けるなら(if you listen very hard) あの調べ(tune)
ついに我々を訪れる」と歌われます。

そして「ひとつがすべてであるとき、我々は一個の岩であり、もはや揺らぐ
ことはない(When all are one and one is all、To be a rock and
not to roll)
と続きます。

ここでジミー・ペイジが言いたかったのは、「音楽こそが万物を黄金に
変える力を持つ。だから激しく聴け。そして確信する為に努力しよう」

という事(のよう)です。

そしてツェッペリンはこの後、発表されるアルバムで確信を実践するために
悪戦苦闘しながらも音楽を作り続け、7枚目のアルバム『プレゼンス』
遂に確信を具体化する事になります。

--------------------------------------------------------

余談ですが、中学生の時「天国への階段」を学生服を着ながら、演奏した
事があります。(因みに私はヴォーカル!(大爆))

あの記憶は、出来れば修正液で完全に消してしまいたいものです・・・。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

はじめまして

こんばんは(^^)。(おはようございます??笑)
拙ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
遊びに来させていただきました。素敵なブログですね!

このアルバムは高校時代に聴きまくりました。
本当の魅力もまだわからないまま(笑)。
今では、本当に家宝にしたいくらいのアルバムだと思っています!
それにしても、中学生でZEP!!
カッコいいですね(>v<)!!

これから出掛けなければならないので、いただいたコメントへの返事と、リンク、TBは後日必ず致しますので
今後ともよろしくお願いいたいます(^^)。

ご訪問、ありがとうございます

波野井露楠さん、こんにちは。

こちらこそ、お忙しいところご訪問いただきまして、有難うございます。

「金髪の美青年!ロバート・プラント」と「ギターを膝上のロー・ポジションで弾くジミー・ペイジ」のツーショット姿は、写真で見てもホントにカッコ良かったですね~。
だから、2年前の「一日限りの再結成ライヴ」の写真は、出来れば見ないほうが良かったのかも知れませんが・・・(爆)。

これからも、そちらにちょくちょくお邪魔させていただきますので、宜しくお願いしま~す。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。