カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7~8月のNew Disc “バタフライ・ハウス/The Coral”

【「洋楽、今日の5曲」2ヶ月に一度の恒例企画「New Disc特集」】

今日のNew Discは、ザ・コーラルの三年ぶり、通算6枚目のアルバム
『バタフライ・ハウス』
です。

Butterfly House

前作『ルーツ&エコーズ』は、前々作迄と同様のサイケな香りを漂わす
「ギター・ポップ・アルバム」で、ジャケットもセピア色のモノトーンという
実に「オールディーズ」な佇まいを感じさせる、バンドのイメージ通りの
アート・ワークでした。

ところが、今作は前作とは少しアルバムのイメージが、変わったのです。

先ずアルバム・ジャケットが、とてもカラフルになったこと。
そして「アコースティック・ギター」の比重が多くなったこと。

それは『ルーツ&エコーズ』の1曲目「Who's Gonna Find Me」と、
この『バタフライ・ハウス』の1曲目「More Than A Lover」を聴くと
その違いが明らかになります。


Who's Gonna Find Me


More Than A Lover

確かに前作までも、アコースティックな曲はあったのですが、あくまでも
アクセント的な使われ方をしており、ここまで意識的に統一されたトーンで、
「フォーキーな'60年代サウンド」へまっしぐらというのは、ザ・コーラル
いうバンドにとって、新境地へ踏み出したと言えるのではないかと思います。

その理由として、ギターのビルが抜けて6人から5人にメンバー構成が
変わり、一人一人の役割分担が明確になった事でサウンド面で、より
シンプルな方向に向かわざるを得なくなった事と、その方向性を後押し
したプロデューサー“ジョン・レッキー”の存在が、とても大きかったと
思われます。

因みにジョン・レッキーと言えば、The Stone Rosesや、Kula Shaker
デビュー・アルバムを始め、Radioheadの『The Bends』、XTCの変名バンド
The Dukes Of Stratosphearのアルバム、新人バンドThe Troubadours等、
「サイケデリック」なサウンドには欠かせない、名プロデューサーです。

そんなジョン・レッキーとザ・コーラルの出会いは、遅すぎたと言えなくも
ないのですが、このアルバムがザ・コーラルの今後の方向性を決定する、
重要な一枚になるのは、間違いないでしょう。

ただ、欲を言えば前作の「Jacqueline」のようなキラー・チューンがあれば
もっと、良かったんだけどね・・・。

 
関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。