カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7~8月のNew Disc “マヤ/M.I..A.”

【「洋楽、今日の5曲」2ヶ月に一度の恒例企画「New Disc特集③」】

今日のNew DiscはM.I.A.の三年ぶり、通算3枚目のアルバム『MAYA』です。

MAYA.jpg

ワタシ自身、音楽に対しては非常に保守的で「新しい音」や「聴いた事のない音」
にとても、否定的なのです。
その為、'70年代後半に「パンク・ロック」が登場した時も、それらの音を避ける
ように「旧態依然としたロック」を聴き続けていたのですから、今思うと随分と
損をしていたと思います。

アヴァンギャルドと言われるロックも嫌いではないのですが、聴けるのは
「ポップ」である事が必須条件。

正直、M.I.A.の前作の『KARA』を最初聴いた時、その過激で挑戦的で実験的で
先進的でメロディレスなヒップ・ホップに、私はついていけなかったのでしたぁ。
そんな事で、まるで「ロック初心者」のようで情けないのですが、『KARA』
ワタシのツボを押さなかったので、2~3度聴いてお蔵入り状態だったのです。

そもそも、M.I.A.に対してロック・ミュージシャンというよりは、ファッション・モデル?
と勘違いしそうなルックスや、世界各地の音楽をサンプリングしながら個性的で
独自の世界観で作られた音楽、そして数々の武勇伝(父親がテロリスト!?)
などからとても、とっつきにくい先入観がありました。
何せ、M.I.A.を「ミア」と読んでいた位ですから・・・・(大汗)

しかし、この3rdアルバム『MAYA』「XXXO」「Meds And Feds」をラジオで
聴いて、そのポップでキャッチーなサウンド・プロダクションにぶっ飛んだのです。


XXXO う~ん、この口は刺激的だなぁ


特にこの「Meds And Feds」は、アドレナリン出まくりで、血管ブチ切れ寸前の
破壊力。ノイズまみれでありがなら、これだけポップなのは凄い!
ヴォリューム目一杯上げて聴けば、MDMA3錠分の効果あり!(←問題発言)


Meds And Feds 今年のアドレナリン大賞はこの曲で決まり!(笑)

この『MAYA』を聴いて、改めて2ndの『KARA』を聴いてみると、革新的な曲
の合間にあるポップな曲は、違和感無くスーっと順応する事が出来るように
なったのです。
1枚、気に入ったアルバムが出来ると、過去の作品も聴けるようになるのは
不思議なものです。

でも海外メディアの評価は、この『MAYA』に対しては結構、辛口なのが多い
ですね。
前作の『KARA』は、どのメディアも結構高い評価だったんですけど。
(どーでもいいけど『MAYA』に『KARA』ってややこしいのぉ)

「アヴァンギャルドでラジカルな曲」が減って「ポップな曲」多くなったのは、
聴き易くて良いと思うのですが、その中間の曲が少しパンチ不足なのが、
辛口評価の理由かなぁ・・・。

もしかすると、昔からM.I.A.を好きだったコアなファンの方には、このアルバム
は不満かもしれないのですが、逆にワタシのような「新しいファン」を獲得した
のですから、この変化はとても意味があったと思いますよ、ホント。

因みにこの『MAYA』というアルバム・タイトルは、本名のマータンギ・マヤ・
アルルピラガーサム
から取ったもの。

youtubeのコントロール・バーをデザインした、ジャケットのアート・ワークも
This Is Pop!


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。